日東工業の評判・年収・求人・転職・採用情報まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日東工業株式会社は、愛知県長久手市を本拠とする電気機器・電材メーカーです。

東証一部と名証一部に上場しており、13のグループ会社、国内40以上の事業所を持つ大企業です。

後述しますが、電材の中でも分電盤や高圧受電設備、ブレーカーといったA材を広く取り扱っています。

日東工業ほどの大きい会社ですと、電材業界で働いている人以外にも知名度がありますので、就職・転職を目指す新卒・既卒の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、この日東工業に関する会社情報(年収や求人など)と、実際に働いている・働いていた人の口コミ・2ch等の評判を集めて、まとめてみようと思います。

ぜひ就職活動や企業研究の参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告



基本情報(年収・主力製品など)

まずはホームページより、基本的な会社情報を転記させていただきます。

社名: 日東工業株式会社

本社所在地:愛知県長久手市蟹原2201番地

資本金:65億7,863万円

売上高:785億21百万円[平成27年3月期]

従業員数:約1600名

事業所:営業所…全国36ヵ所、 工場…全国7ヵ所、 海外…中国・タイ・シンガポール

平均年収:652万円(2015年有価証券報告書データより)

初任給:大卒207,000円

ボーナス:年2回(7月、12月) ※5.29ヶ月(平成28年度平均)、6.01ヶ月(平成27年度平均)※業績により変動

福利厚生:社員持株会、確定拠出・給付企業年金、財形貯蓄制度、各種団体保険、積立有給休暇制度、借上寮・借上社宅制度、保養所ほか

年間休日数: 126日

基本的な情報は以上となります。

日東工業の主力製品は、「分電盤」や「高圧受電設備」が代表的ですが、情報・通信設備資材や自動車関連の資材も取り扱っているため、一口に説明することは難しいです。

ただ、当サイトは電材・管材に関する情報ブログですので、その観点からいくとやはり電材(特にA材)が主流となりますね。

分電盤・制御盤・高圧受電設備・ブレーカーなどが該当します。

またB材に関しても、日東工業の代表的なものといえばプラボックスがありますね。

さて、この日東工業ですが、電材メーカーという括りで見れば、パナソニックや東芝、古河といった大企業に次ぐレベルの規模と言っても良いでしょう。

国内36カ所の営業所の他、海外(アジア諸国)にも事業を展開させています。

給料や休日数、福利厚生なども、採用情報を読んでいる限り申し分のない条件です。

特にボーナスに関しては良い時で年間6か月分が支給されるというのが、非常に大きいと思います。

ここまでの情報で判断する限り、かなりの優良企業であり、ワークライフバランスも良さそうなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

次の項目では、口コミサイト(転職会議・Vorkers等)や2ちゃんねるから評判を集めてまとめてみようと思います。

日東工業の評判

次に、口コミ・転職サイトより日東工業の好評・悪評をいくつかピックアップし、引用していきます。

【良いところ】

・長く務める人が多い理由として、よほどの事がない限り減給もないですし、まったり働きたい人には向いていると思います。インフラに近い製品群の為、需要がなくなる事がない。国内ではある程度のブランド力もある為、安定はしている。

・安定している。残業代はきちんと出るし、解雇はなく、ブラックな要素は無い。

・福利厚生がかなり充実している。全国に事業所があるため営業に転職はつきものだが、住宅手当が会社8割負担ということもあり、なかなか良い住居にも低コストで入居可能。

・女性をどんどん活躍させようという動きがあります。業界的に職場内に女性は少なめですが、課内だけでも現在8人中3人が育休・産休を取得中です。

【悪いところ】

・基本的に冒険をしない保守的な会社。上層部に長期ビジョンが無いのか、2-3年で組織構造が変わる。教育・研修制度が整っていないため、先輩から教えてもらうOJTがほとんど。スキルアップやチャレンジを臨む人には難しい環境。

・成長性が見込めない。スキマ産業で競合他社が少ない中でやってきた会社なので技術力は低いです。何かをしてもそれに見合った報酬も無いため、自らチャレンジをしていく社員も少ないです。

・各人間を見ていない人事から、急に急に評価が下されます。目標についてはとりあえずの目標がありますが、代理店の力関係もある為、前年度比の数字をプラスにできるかどうかは分からない。また、特需でもお構いなしにその数字をベースにした翌年度の数字を要求されます。

日東工業の採用情報

新卒で日東工業に入りたい!という方(大学生)は、とりあえずリクナビに登録してください。

毎年リクナビで新卒社員を募集しています。

マイナビや他の就職サイトでは募集していないようです。

転職(中途採用)を目指す方は、同じリクルートのリクルートエージェントに登録すると良いでしょう。

常に募集しているわけではありませんが、登録しておけば新たな募集があった際にすぐに連絡がきます。

おわりに

今回は日東工業に関する会社情報をまとめてみました。

何か日東工業について他の情報を持っている方いらっしゃいましたら、コメントをいただけると助かります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告



レクタングル(大)広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする