キッツ(バルブメーカー)の評判・年収・求人・転職・採用情報まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社キッツKITZ CORPORATION)は、水、石油、蒸気、ガスなどの流体をコントロールするバルブ製品を開発・製造・販売している日本のメーカーです。

千葉県が本社ですが、アメリカやスペイン、ブラジル、シンガポールなど、世界中に事業を展開させている大企業でもあります。

もともとは、東洋バルヴで働いていた北澤利男氏が独立し設立された会社ですが、今や業界トップレベルの大企業まで成長しました。

水道・ガス・住設・管材メーカーに就職・転職を考えている方であれば、まず間違いなく候補に入ってくる会社の一つだと思います。

そこで今回は、このキッツに関する会社情報(年収や求人など)と、実際に働いている・働いていた人の口コミを集めて、まとめてみようと思います。

ぜひ企業研究・就職活動の参考にしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告



基本情報(年収・主力製品など)

まずはホームページより、基本的な会社情報を転記させていただきます。

社名: 株式会社キッツ

本社所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目10番1号

資本金:212億円

売上高:単体640億円

従業員数:約1200名

事業所:本社 / 千葉県千葉市美浜区(幕張新都心) 、工場 / 長坂(山梨県北杜市)、伊那(長野県伊那市)、茅野(長野県茅野市) 支社・支店・営業所/ 札幌、仙台、さいたま、日本橋、新潟、千葉、横浜、茅野、静岡、名古屋、富山、大阪、岡山、広島、福岡、海外拠点/シンガポール、インド、UAE、中国、台湾、韓国、タイ、ベトナム、ドイツ、スペイン、アメリカ、ブラジル

平均年収:632万円

初任給:月21万円程度

ボーナス:年2回 (6月、12月)

福利厚生:家族手当、役職手当、通勤手当、超過勤務手当、地域手当、職場手当、食事手当、・社員所得補償保険制度、社宅制度、独身寮制度、退職金制度、確定拠出年金制度、住宅資金融資斡旋、財形貯蓄制度、厚生年金基金、社員持株制度、社員表彰、社内提案、互助会など

年間休日数:124日

基本的な情報は以上となります。

なんといっても海外事業所の多さ福利厚生の充実が印象的です。

海外事業所で働きたい!という方は、言わずもがなですが語学力が必須になると思われます。

TOEICでの点数や、海外渡航経験も重視されるはずです。

職場の雰囲気や研修内容・仕事内容については、リクナビの人事ブログなどをチェックしてみてください。

そしてキッツの主要製品ですが、最初にも書きましたがバルブですね。

バルブとは、管を通る液体や気体の出入りを開閉によって調節する機器のことです。

キッツはこのバルブの売上が国内でNo.1であり、海外でも指折りの実績を誇っています。

業界では広く名の知られた企業ですし、製品開発力・知名度・将来性どれをとっても優良であることは間違いありません。

キッツの評判

次に、口コミ・転職サイトよりキッツの好評・悪評をいくつかピックアップし、引用していきます。

【良いところ】

・性格的に差はあれど、しっかりと仕事に打ち込む真面目な人間が大半。それゆえ言い方がキツイ社員が多いが、メリハリがしっかりとしている上に根が優しい社員がほとんどであるため、とても働きやすい会社であると言える。

・給料に関して。借上社宅制度の充実等もあり、実質的な年収はもう少しだけ高い。基本給はメーカーらしく控えめに抑えており、手当で補っている。残業代の割増料金は他社よりも高い。サービス残業は無い。勉強や社内資格等の勉強も就業時間内で可能である。

・景気が良い時も悪い時も、伸び率に差はあれど堅実に成長を続けている。会社の人数規模もそこまで大きいわけではないため、自分のガンバりがそのまま会社の成長につながっていることを実感しながら働ける。

【悪いところ】

・生産方式に合わない特殊な製品を制作するときに納期遅延やミスが多発しているため、それに振り回される。生産に不安があるなかで、海外事業への注力やシェア拡大をしようとしているため、歪みが大きい。さらに、使用しているシステムが驚くほど古い。なんでそこを分けているんだろう、というような意味不明なシステムもあり、先人たちが何を考えて投資してきたかわからない。

・平日は7時半出社、22時退社くらいが平均。平日に接待以外で早く事務所から出るのはかなり厳しい。訪問件数をランキング付けして、エリアの考慮をせずに意味もなく訪問させようとしている。

・給料は階級により大きな格差があります。管理職は業績によって格差が出るようです。自分の部門の業績が良い場合と未達成の場合では大差があります。

大企業ではよくありがちですが、労働環境は部署・営業所によって全く異なるようです。

事業所のスタイルは上司に一任されるようで、人によっては同じ営業でも長時間労働で辛いという人もいれば、ワークライフバランスが充実していて満足している、といった声もあります。

トップダウン経営である、といった趣旨の口コミもありますが、各事業所によって労働環境が異なるということはある程度個々人の意思が尊重されているのかもしれません。

給料については、不満を言う社員が少なく、格差はあるようですが、それでも在籍10年目の課長で700~800万円、40代後半の課長で年収1000万円と、メーカーとしては高年収であることがうかがえます。

キッツの採用情報

最後に、キッツの求人についてですが、先述したように新卒の方であればリクナビに登録する必要があります。

また、中途採用を目指す人は、キッツホームページの採用情報ページから総務人事部へ郵送という形で募集することになります。

中途採用者の場合、エージェントを利用した転職情報は無さそうです。(2018年現在)

おわりに

今回はキッツに関する会社情報をまとめてみました。

何かキッツについて他の情報を持っている方いらっしゃいましたら、コメントをいただけると助かります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告



レクタングル(大)広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする